福岡県久留米市の古賀病院グループが3年課程全日制の看護学校を開校

お問い合わせ

0942-38-3866

(9:00~17:00/土日祝を除く)

就職・進学

先輩の声

先輩に学院生活のこと、先生のこと、国家試験対策などについて聞いてみました。

瀬戸 望綾

瀬戸 望綾Miaya Seto

困ったことがあっても、先生方が丁寧に指導してくださるので、安心して国家試験に向けた勉強と姿勢を養うことができます。

学院には、ラウンジや図書室、グループワーク室など勉強しやすいように落ちついた環境が整っています。放課後などを利用して学生個々が思い思いの場所を使って学ぶことができます。

授業では実習室で看護師・患者役となり、講義で習ったことを本番のように演習することで、看護技術を磨くだけでなく、コミュニケーションカの勉強にもつながっています。

学院のすぐ近くには実習施設もあります。学んだ知識・技術を実際の患者さんを対象にした看護で実践し、責任ある行動や看護の役割を学ぶことができます。

もし困ったことがあっても、先生方が丁寧に指導してくださるので、安心して国家試験に向けた勉強と姿勢を養うことができます。

髙木 未来流

髙木 未来流Mikiru Takaki

医療や看護を学ぶことは難しいイメージがありますが、専門的な講義を分かりやすく受けることができています。

この学院の良いところは、図書室に医療関連の本が多くあることです。静かな環境の学習スペースもあり、個人で自由に学べます。

疑問や不安があっても、いつも親身に相談に乗ってくださる先生方やクラスメイト、先輩方に支えられ、楽しく有意義に学院生活を送ることができます。

現在、私たちの生活の周りには多くの病気が存在し、それに対する医療や看護を学ぶことは難しいイメージがあります。しかし、この学院では、臨床の医師や看護師、大学の講師の方が講義をしてくださいます。また、授業では実際の医療現場でのお話や、パワーポイントやDVDなど映像を使った授業も多く取り入れられているので、より専門的な講義を分かりやすく受けることができています。

学院生活は大変なこともありますが、学院祭など楽しいことも多くあり、看護師を目指してクラスメイトと共に頑張っています。

大塚 舞香Maika Otsuka

看護経験の豊富な先生方から学修の仕方や学生生活などのアドバイスをいただけるので、大変心強いです。

学院では、学生同士が協力して行う学生交流会や学院祭、戴帽式など、様々な行事があり、充実した学院生活を過ごしています。

入学当初に行われる「3学年合同交流会」では、先輩方と卓を囲むことで、質問などしやすく、助言をいただけるので、不安を解消することができました。

国家試験対策は1年次から行われていて、計画的に模試が組み込まれています。安心して国家試験に臨めるよう、先を見据えた学修ができます。

また、看護経験の豊富な先生方が学修支援されているので、学修の仕方や学生生活などのアドバイスをいただけます。気軽に質問もできるので、大変心強いです。

高い専門性を持ち、70年の歴史を誇る天神会が設置母体であることから、安心して3年間を過ごすことができます。

篠原 菜々子

篠原 菜々子Nanako Shinohara

共に励まし合い、支え合う仲間がいることで、どんな困難も乗り越えることができます。

私がこの学院に入学した理由は、家から近く、通学が容易だということと、オープンキャンパスに行った際に先輩や先生方がとても優しく、学院の雰囲気が良かったからです。

入学してからの先輩方との交流会では、学院のこと、実習のこと、勉強方法など、たくさんのアドバイスをいただけます。 さらに、学生6~7人につき学修支援として先生が1人ずつついてくださるので、いつでも気軽に相談しやすい環境が整っています。

入学して看護の知識や技術を身につけていく中で、思うようにいかないことによる焦り、話しづらい悩み、将来に対する不安などが大きくなっていくと思いますが、共に励まし合い、支え合う仲間がいることで、どんな困難も乗り越えることができます。

さらに、学院生活を通して、看護師として必要なチームワークカを磨いていくこともできます。

いつも支えてくれる人たちがいることを忘れず、一緒に頑張っていきましよう!